Loading...

SERVICE

怪我の予防

当然ですが怪我をせず健康であることが一番です。もちろん、事故やアクシデントによる避けられな怪我も起きてしまいます。しかし、自分の身体をよく知り、身体の機能を改善することによって痛みや怪我を未然に防ぐことが可能です。Funcphysioではあなたの身体の特性を診断し、身体機能を改善する為のプログラムを通して怪我の予防をおこなっています。

これから運動を始めようと思っている方

近年、ヨガ/ピラティスクラス、ダンス、ランニング、またはジムに行き始めた方が怪我をし、FuncPhsioに来られるケースが増えています。一般的に「健康のためによい」とされている運動ですが、残念ながら長年運動をしてこなく、座りがちな生活スタイルを続けてきた方は身体が錆び付いてしまっている可能性もあります。そして突然運動をすると怪我につながってしまうのです。まずあなたの身体がどういった状況なのか、どうした運動をしたら良いのか、といったことを知ることで運動始めの怪我を防ぐことが出来ます。

繰り返し同じ動作の繰り返しを行っている方

反復性のストレス障害とは同じ動きの繰り返しによって引き起こされます。例えばランナーは同じ動きを繰り返しによって何キロもの距離を走っています。ですので同じ関節や筋肉にかかる負担が反復されるわけです。もし身体に不バランスや弱い部分があると、その部分に負荷が集中し最終的に怪我につながるのです。これらの怪我は決してスポーツをしている人に限ったことではありません。例えば料理人の首や肩の怪我、赤ちゃんや乳幼児の面倒をみる人の腰の痛み、コンピューターを使用する人の目の痛み、音楽家の手の痛み、などなどその例は限りがありません。

自分の身体をより効率的に使えるようになると一点に集中していた負荷が分散し、こうした反復性のストレス障害の予防になります。

RECENT POST