Loading...

MLS® Laser Therapy

革新的な特許技術であるMLS(Multiwave Locked System)セラピーレーザーは
従来のLLLT(低出力)レーザー治療ではなしえなかった、痛み、炎症、浮腫、組織回復を同時に効率的に改善することを目的に開発されました。

MLS(Multiwave Locked System)治療用レーザーは、従来のLLLT(低出力)レーザー治療やHP(高出力)レーザー治療の限界を超えて、痛みや炎症、浮腫などに効率よく同時に効果を発揮することを目的に開発された革新的な特許技術です。

MLSテクノロジーは、治療用の波長である808nm(抗浮腫・抗炎症)と905nm(鎮痛)を同時に照射します。

これらの波長を照射することで、エネルギー的な相乗効果が生まれ、熱損傷のリスクを最小限に抑えながら、単独では得られない高い消炎・鎮痛、そして組織回復の効果を得ることができます。

MLSが他のクラスIVレーザーと一線を画すのは、この連続光とパルス光のユニークな組み合わせと同期性にあります。

初期のクラスIVレーザーとは異なり、MLSレーザー治療は制御されたレーザーエネルギーをコンピューター制御によって照射することが出来るのです。

このユニークな機能により、より正確な治療が可能となり、従来とは比べ物にならない結果を得ることができます。

 

レーザー治療とは?、そしてどのように機能するのか?

痛みを抑える。
炎症を抑える。
組織回復を早める。

光エネルギーが損傷した細胞に入り、細胞内(ミトコンドリア)の活動を刺激します。これにより、患部の痛みが軽減され、損傷した細胞の回復が促進されます。細胞が回復すると治癒プロセスが早まり完治するわけです。

MLSレーザー治療は、以下のような症状に伴う痛みや炎症を効果的に治療することができると報告されています。

    Please visit https://celasers.com/medical/ for more information

    お値段
    1セッション:70ドル
    6パッケージ:370ドル(50ドル割引)
    12パッケージ:720ドル(120ドル割引)

    RECENT POST
    FuncPhysio Cup 2019: ファンクフィジオカップ(令和元年)

    令和元年10月6日、第四回ファンクフィジオカップが無事に開催されました。 今回も60名以上の選手が...


    2019.11.05